2013年3月19日下記のセミナーを開催しました
 
テーマ    「ITに携わる者として知っておきたい情報セキュリティの最新情報」
  
事件・事故の分析結果を踏まえて、有効な情報セキュリティ対策の指針を得る
日 時 2013年3月19日(火) 13:30〜17:30
会 場  「貸会議室 内海」 3F教室 

  〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-6-15    JR総武線水道橋駅西口より1分  
  電話:03-3261-0017  
主 催 ITマネジメント・サポート協同組合
後 援 特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
東京都中小企業団体中央会
【趣旨】
   今回のテーマは「情報セキュリティに関する最新情報」で、情報セキュリティ分野の
  専門家お2人に、ご講演をお願いしました。
   情報セキュリティ研究の第一人者である内田勝也様から、企業における情報セキュリ
  ティ対策、特に標的型サイバー攻撃の実態と対策についてお話をいただきます。
    クラウドセキュリティの専門家である山崎英人様から、クラウドの導入・契約・
  活用段階におけるセキュリティ対策のポイントについて、お話しをしていただきます。
   最近起きた事件や事故の分析を踏まえた実践的な内容であり、ITCはもとより、
  ITベンダの方、ユーザー企業の情報システム部門の方にとっても、有益な内容です。
   多くの皆さんの参加をお待ちしています。


【プログラム】

講演-1: 『企業の情報セキュリティを考える』
         〜最近の情報セキュリティ事件から考える〜

          横浜市CIO補佐監 兼 情報セキュリティ大学院大学名誉教授 内田 勝也様  


          ITの重要性が高まるにつれ、情報セキュリティ対策は避けて通れない問題
           になってきています。長年、セキュリティの調査・研究に携わってきた経験
           から、最近の事件・事故などから、企業の情報セキュリティを考えてみます。


講演-2: 『クラウド利用に潜む影』 
                   〜ITのアドバイザーとして知っておくべきこと〜

            日本クラウドセキュリティアライアンス(CSA JC) 理事 山崎 英人様

             クラウドセキュリティの専門家が、ユーザー企業視点でのパブリッククラウド
                      (Saas/Paas/Iaas)等の委託先選定・契約や利用上の勘所について、昨年
                     発生した大規模データー消失事件等の事例を交えて、わかりやすく解説
                      します。