3月29日下記要領でセミナーを開催しました。
 
テーマ 2010年に向けた日本のIT経営の行く先は?
〜経済産業省の政策と補助金事業、共通XML/EDIの推進状況〜
日 時 2007年3月29日(木) 13:30〜17:30
会 場 センチュリー三田
 
【セミナー企画意図と背景】

・経済産業省ではITによる経済成長と生産性の向上にむけた新たな施策が検討されています。IT経営応援隊も装いも新たに再スタート、施策の重点もEDIの推進、ICタグの実用化に向けて重点が移りつつあります。

・今回のセミナーでは、2010年を視野に入れた経済産業省の施策とそれに伴う補助金事業のポイント、社会基盤としてのEDI推進について今後の行き先をご講演いただき、ITコーディネータとしてどのように対応していくかを考えていきたいと思います。


【講演1】

『今後の経済産業省の情報政策とITコーディネータへの期待』

<講師> 経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課
情報化人材室長 夏目 健夫 様

【講演2】

『共通XML/EDI推進状況とITコーディネータの役割』

<講師> 共通XML/EDI実用化推進協議会(COXEC)
常務理事 斉藤 良一 様

【講演3】

『EDI関連補助金事業の活用法ついて』

<講師> プロセス経営研究所代表 川内 晟宏 様