3月17日下記要領でセミナーを開催しました。
 
テーマ 自立をめざせ!地域ITCの活動
〜関東甲信6県を代表するITCの思い〜
日 時 2008年3月17日(月) 13:30〜17:30
会 場 (財)総評会館
 
【趣旨】

・今回の研修は、関東甲信6県を代表するITコーディネータにお集まりを頂きます。いずれも、それぞれの地域で独立して活躍されている方々です。

・地域ではどのように活躍されているのか、その成功の秘訣は何か?また、どのように自立への道を進んだのか?苦労した話しなども交えながら、ITコーディネータとしての思いを熱く語って頂きます。

・独立して間もない方、これから独立を目指す方、特にお勧めです。


第1部 「各地の独立ITCとしての経験」

◆ 「地方だからこそできるITCとしての自立」
 〜ITCを売り込むチャンスはたくさんある〜
ITコーディネータとちぎ 代表幹事 福沢 繁 様(栃木)

◆ 「中小企業の身近な悩みをフォロー」
 〜IT運用から取組む、長いお付き合い〜
NPO ITC群馬 理事長 木島 隆 様(群馬)

◆ 「私=ITコーディネータが期待されてきたこと」
 〜30年間の中小企業へのシステム提案の経験を踏まえて〜
NPO 埼玉ITコーディネータ 理事長 土橋 康夫 様(埼玉)

◆ 「自治体情報化支援での自立の道を探る」
 〜全国規模の組織的活動の可能性〜
NPO 長野県ITコーディネータ協議会 理事長 荒井 綏 様(長野)

◆ 「ボランタリーに徹する」
 〜ITC山梨の取り組み〜
NPO ITコーディネータ山梨 理事長 岩田 薫 様(山梨)

◆ 「地域でのITC自立のためのCRMの提案」
 〜手はじめは、金融機関連携 そして、経営者交流会、ITベンダー交流会の主宰〜
ITコーディネータ多摩協議会 会長 田中 渉 様(神奈川)



第2部 パネルディスカッション「地域でのITC自立方法を探る」

◆ パネラー 第1部の講師の方々
◆ モデレータ ITマネジメント・サポート協同組合 専務理事 斉藤 良一